遺体の安置

遺体の安置


遺体を安置する際には頭を北の方角に寝かせます。これを北枕といいます。
敷布団は遺体がなるべく温まらないように薄手の布団を敷き、掛け布団は上下逆さまにかけるのが一般的です。

数珠は両手首にかけて胸で合掌させるか、手のそばに置きます。顔には綺麗な白い布をかけます。掛け布団の上には、魔除けとして刃物を、刃先を足元の方向に向けて置きます。これを守り刀といいます。ただし、浄土真宗では守り刀を置くしきたりはありません。
神式の場合も、守り刀を置くのは仏式と同じです。頭を北枕もしくは西枕にします。ただし地方によっては東枕にするところもあるそうです。キリスト教では、特に決まりはありません。

遺体を北枕に安置するのは、お釈迦様が亡くなったときに、頭を北枕にして、右脇を下にしていた為だと言われています。ただし部屋の都合で北枕ができないときは、西枕でもかまいません。
掛け布団を上下逆さまにかけるのは、日常とは反対にして死を普通のことではない、という意味が込められていると言います。掛け布団以外にも反対で行われることがあります。左前に着せる死装束や、現代では少なくなって来ていますが、枕飾りのときの逆さ屏風などです。
監修:株式会社A'ZUMA 東葬祭
相続・葬儀無料相談

葬儀について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

葬儀や法事等に関する無料法律相談を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

なお、お問合せに対する回答は、当事務所の葬儀社ネットワークを元に信頼できる葬儀社から直接回答を差し上げますのでご安心ください。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。