精進落としについて

精進落としについて


火葬後、または葬儀・告別式後に設ける食事の席を一般に「精進落とし」と言いますが、浄土真宗では「精進落とし」とは言いません。「お斎(おとき)」、「直会(なおらい)」などと言います。
もともとは、魚、肉などを食べずに精進した期間(中陰)に区切りを付け、魚、肉などを食べても良い日常生活に戻れることから、魚、肉などの「なまぐさもの」が出され、それを食しました。今ではこれに、葬儀後にお手伝いいただいた方々へのお礼と、死者との食い別れという意味も加わっているようです。
また地方から葬儀に集まってくれた親戚は、あまり長く滞在できないことが多いので、火葬後または葬儀後に行われるようになったようです。
現在ではこの会食の席を「初七日」とも言うことがありますが、初七日法要を繰り上げて葬儀後に行う、初七日法要後の精進落としが現在に至っているようです。意味合いとしては僧侶、お手伝いいただいた方へのお礼、故人を偲んでの会食といった意味となっているようです。一般的には僧侶の説法、葬儀委員長、世話役、喪主などの挨拶に続いて会食となりますが、特に決まって形式などはありません。
宗教者は上座、喪主、遺族が末席になるのが一般的です。

監修:株式会社A'ZUMA 東葬祭
相続・葬儀無料相談

葬儀について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

葬儀や法事等に関する無料法律相談を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

なお、お問合せに対する回答は、当事務所の葬儀社ネットワークを元に信頼できる葬儀社から直接回答を差し上げますのでご安心ください。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。