弔問・会葬のマナー

弔問・会葬のマナー


○服装
通夜の弔問にかけつける時は平服でかまいません。礼装で訪れると不幸を予期していた様で、失礼にあたることがあります。しかし、平服とはいえあまり派手な格好、明るい色の服などは避け、なるべく地味な服装のほうが望ましいでしょう。できればネクタイや靴下は黒に変えましょう。ただ、地域によって違いはありますが、最近では自宅ではなく葬儀式場を借りて通夜・葬儀を行う事が多く、通夜の日から礼装で訪れることも多くなってきた様です。
葬儀・告別式に参列する場合、会葬者の服装は通常礼服です。場合によっては、黒めの平服でもかまいません。なるべく地味な色、光沢の無いものを心がけて服装を選びましょう。

○通夜
字の通り夜通し遺体と過ごし、守る事を言います。本来通夜とは、正式な儀式ではなく、身近な人の集まりなので厳密なしきたりといったものはありませんが、現在では仕事や、その他の事情で昼間に行われる葬儀・告別式の日には参列することが出来ないので、夕方に行われる通夜の日に参列する人が多くなっています。通夜振る舞い等を、喪主からすすめられた場合には一口でも箸をつけることが礼儀です。ただ、家族は葬儀の準備などで疲れているはずですから、なるべく早めに切り上げるように心がけましょう。
監修:株式会社A'ZUMA 東葬祭
相続・葬儀無料相談

葬儀について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

葬儀や法事等に関する無料法律相談を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

なお、お問合せに対する回答は、当事務所の葬儀社ネットワークを元に信頼できる葬儀社から直接回答を差し上げますのでご安心ください。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。