湯灌について

湯灌について


湯灌とは棺に御遺体を納める前に御遺体を洗い清めることをいいます。御遺体を洗い清める習慣は世界各地でも行われています。昔ながらの湯灌とは、タライに水を入れておき沸かしたお湯をタライに注ぎ、遺体を洗い清めます。水にお湯を注ぐという通常とは逆の手順で温度を冷ますことから「逆さ水」と呼ばれます。
昔は、自宅に親族や近隣の住民が集まり、それぞれの手で行われていましたが、近年では専門の業者が行う事が多くなりました。もともと湯灌には、座棺と呼ばれる座ったまま納める棺に納棺しやすいよう、死後硬直を和らげる効果もあったとされます。
亡くなってすぐに病院で行うのは清拭と呼ばれるごく簡単な物です。湯灌はそれとは全く異なり、シャワーで身体を洗い、お顔の産毛などを剃り、爪を切り、化粧を施し故人を洗い清めるという儀式になります。
故人が女性の場合は特に、洋服を脱がせることに抵抗がある御遺族もいらっしゃるとは思いますが、専門の女性スタッフがタオルを使い身体全体を見えない状態にして湯灌しますので、気になさらず旅立ちの準備を整えることが出来ます。
監修:株式会社A'ZUMA 東葬祭
相続・葬儀無料相談

葬儀について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

葬儀や法事等に関する無料法律相談を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

なお、お問合せに対する回答は、当事務所の葬儀社ネットワークを元に信頼できる葬儀社から直接回答を差し上げますのでご安心ください。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。