焼香・礼拝のしかた

焼香・礼拝のしかた


○お焼香の作法
お焼香の仕方は、各宗派によって様々に違いがありますが、ここでは一般的なお焼香の流れをご紹介致します。

基本的には下記の流れとなります

遺族一礼し、焼香台の前に進み祭壇のご本尊と遺影写真に一礼します。

右手でお香をつまみ、軽く頭を下げ額の位置で押しいただきます。
※浄土真宗では押しいただくことはありません。

香炉にくべます。お香をくべる回数は宗派によって異なります。2回目からは額の位置で押しいただく必要はありません。
※会葬者の人数が多い場合には、焼香を1回だけでお願いされる場合があります。その際は気持ちをこめて1回焼香にしましょう。

祭壇のご本尊と遺影写真に合掌礼拝します。遺族に一礼し、退出します。自分の宗教・宗派と異なる宗派の通夜、葬儀に参列した場合でも、作法の違いなどにはあまりこだわらず、心を込めてお参りするようにしましょう。

○お焼香の意味
仏教では、葬儀、通夜などのさまざまな法要の際に線香や抹香でお焼香をします。
芳香によって身心を清め、仏や霊に対して敬虔な心で供養するということです。
監修:株式会社A'ZUMA 東葬祭
相続・葬儀無料相談

葬儀について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

葬儀や法事等に関する無料法律相談を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

なお、お問合せに対する回答は、当事務所の葬儀社ネットワークを元に信頼できる葬儀社から直接回答を差し上げますのでご安心ください。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。