キリスト教の葬儀について

キリスト教には、カトリックとプロテスタントがあり、葬儀の進め方も多少の違いがあります。
日本のキリスト教の葬儀は仏式などの影響を受けて、日本独特の形になっています。

キリスト教の熨斗袋の書き方
表書は、御霊前、御花料、御ミサ料などと書きます。
熨斗は付けません。また水引には特に決まりはありません。
ユリの花、十字架などの絵が描かれた袋はキリスト教用の袋です。

キリスト教の葬儀
通夜の事を、カトリックでは「通夜の祈り」、プロテスタントでは「前夜祭」などと言います。
司式は、カトリックが神父プロテスタントは牧師が執り行います。
追悼ミサや告別式は、故人が通っていた教会、故人の親しみのある教会で行う場合が多いようです。
キリスト教では、仏式の様に御供物を贈ることはしません。生花のみ飾ります。
贈った生花には名札を付けないで飾ります。(芳名板などを使います。)
仏式の葬儀によく見られるような、通夜が終わった後の通夜振舞いは、キリスト教では通常行われません。ですが親しい友人や家族などで簡単な会食などをすることがあります。

献花
キリスト教では、仏式でよく見る焼香や、神式の玉串奉奠の代わりに献花をします。
献花にはカーネーションなど茎の長い花が使われます。

キリスト教の葬儀の注意点
キリスト教での教えでは、死とは神の元に召されると言う教えなので遺族に対して、お悔やみの言葉は避けるように気をつけましょう。
御供物は贈らずに、贈るのであれば生花を贈りましょう。

監修:株式会社A'ZUMA 東葬祭
相続・葬儀無料相談

葬儀について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

葬儀や法事等に関する無料法律相談を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

なお、お問合せに対する回答は、当事務所の葬儀社ネットワークを元に信頼できる葬儀社から直接回答を差し上げますのでご安心ください。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。